カテゴリー別アーカイブ: TOPICS

[TOPICS]台風接近による試合・イベント開催について

台風接近の為、イベント中止・試合延期についてお知らせ致します。(2018年9月28日現在)


【イベント中止】
◎9月29日~30日 JR大分駅屋上イベント

【試合延期】
■全九州クラブ実業団大会県予選
◎9月30日(日) 玖珠総合運動公園

■トップキュウシュウリーグ
◎9月30日(日)
・新日鐵住金大分vs安川電機(大分スポーツ公園)
・ジャパンセミコンダクター大分vs山形屋(ジャパンセミコングラウンド)

■九州学生リーグ
◎9月30日(日)
・九州産業大学vs大分大学(福岡大学グラウンド)
・琉球大学vs立命館アジア太平洋大学(別府野口原球技場)

■九州トップクラブリーグ
◎9月30日(日)
・玖珠クラブvs玄海TANGAROA(玖珠総合運動公園)

※今後の天候具合によって、更に変更が生じる場合がございます。
九州リーグ関連のスケジュールは九州ラグビー協会ホームページをご確認下さい。
※延期日は決まり次第、お知らせいたします。


[TOPCS]第一回アジアラグビー交流フェスタ開催案内

■第一回アジアラグビー交流フェスタ開催案内

【内容】
アジア・九州の少年ラグビーチーム16チームが、Xラグビーで交流を深めます。
【期 日】
平成30年10月7日(日曜)
【共 催】
公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
ラグビーワールドカップ2019福岡開催推進委員会
【参加者】
アジア各国および国内の14歳以下の少年男子とその指導者
<海外10チーム>
バングラデシュ、ブルネイ、中国、マレーシア(2チーム)、フィリピン、スリランカ、チャイニーズ・タイペイ(2チーム)、マカオ
<国内 6チーム>福岡2チーム(福岡市内中学校チーム)、大分2チーム(大分県選抜チーム)、長崎2チーム(長崎県ジュニアセブンズ新人大会の優勝・準優勝チーム)
【会場】
春日公園球技場(福岡県春日市原町3-1-4)
【備 考】
参加者・内容は現段階での予定であり、変更の可能性があります。


[RWC2019]ラグビーワールドカップ1年前イベント開催

■ラグビーワールドカップ2019TM1年前イベント開催

いよいよラグビーワールドカップ2019TMまで1年となりました。各開催地でも1年前イベント開催のニュースを耳にしますが大分県でも下記の日程で1年前イベントを開催致します。是非この機会にラグビーワールドカップの雰囲気を体験してみませんか?

【日程】2018年10月12日~14日
【会場】パークプレイス大分


[RWC2019]9月19日より一般抽選販売開始です。

ラグビーワールドカップ2019一般抽選販売開始!

2018年9月19日(水)10:00よりラグビーワールドカップ2019の一般抽選販売が開始されます。先行抽選販売で入手出来なかった方は是非この機会にお申し込み下さい。また今回の一般抽選販売で初めてチケット購入を検討されている方は先ずチケットIDの登録をお願い致します。

>>チケット購入公式サイト


[日本協会]ニュージーランド代表vsオーストラリア代表

キヤノンブレディスローカップ最終戦

>>キヤノンブレディスローカップ(日本ラグビー協会)
※チケットなど詳しい情報は上記リンクよりご確認下さい。

ブレディスローカップとは?
ニュージーランド代表オールブラックスと、オーストラリア代表ワラビーズ、永遠のライバル同士による、因縁の対決。
タスマン海を挟んで向かい合い、強烈なライバル関係にある両国にとって、誇りを懸けた戦いとなります。

当地では「ワールドカップの次に重要なカップが、ブレディスローカップ」と位置づける声もあるほど重要な一戦。
1931年から、当時のニュージーランド総督ブレディスロー卿にちなんだカップが勝者に贈られるようになり、現在の対抗戦がスタート。勝利数で上回ったチームが獲得するこのカップは、現在ニュージーランドが15年連続で保持しています。

両国外での開催は過去に香港と日本しかなく、日本にいながらブレディスローカップを目撃し、ラグビー史の証人となれるのはこの上ない贅沢である。今年のブレディスローカップは全3戦(第1戦はシドニー、第2戦はオークランドで開催)で、横浜が最終戦の舞台となる。2015年のラグビーワールドカップ決勝戦でも対決した両チーム、激闘は必至です。
人類究極の才能オールブラックスが勝つか?戦術で世界を席巻してきたワラビーズが勝つか?
地球最強のラグビーを、スタジアムで目撃しましょう!